遺品整理を業者に頼むメリット・デメリットとは

親族が亡くなって初めて必要になる遺品整理。しかし故人の家が遠方であったりなかなか日程を作れない場合、遺品整理を進めるのは困難になります。そんなニーズから生まれたのが業者による「遺品整理サービス」です。では遺品整理サービス、実際に業者に頼むとどのようなことがあるのでしょうか?今回は業者に頼む場合のメリット・デメリットを自分で整理を進めた場合と合わせてご説明いたします。

遺品整理を自分で行うメリット

ではまず初めに自分で遺品整理を進めた場合、どのようなメリットとデメリットがあるかをご説明いたします。

①お金が掛からない

自分で遺品整理を進める最大のメリットはお金が掛からないことです。行政による処分をしてもらうので、業者に頼むのに比べ、費用を抑えて処分することができます。費用を掛けたくない場合は自分で整理を進めましょう。

②自分のペースで出来る

故人が亡くなって遺品整理をしないといけないとはいえ、なかなか気持ちの整理がつかない方も多いでしょう。遺品を整理をする場合は心情のことを含めて自分のペースで進めることができます。特に遺品整理は故人と向きあえる大切な時間ですので自分ですることで気持ちの整理をつけることができます。ただし賃貸物件の場合は別なのでご注意ください。

遺品整理を自分で行うデメリット

①時間と労力がかかる

故人の家を片付けるには、まとまった時間が必要で1日や2日では終わりません。また家電や家具などの処分も必要になってくるからそれなりに労力が要ります。物によっては一人では運べないため、親族同士で予定を合わせて片づけないといけないでしょう。親族同士が故人の家が近ければよいのですが、そうでない場合は日程を合わせるのも苦労します。

②期限が迫っている場合は急がないといけない

故人の家が賃貸、あるいは不動産と売買契約をしたり取り壊しを予定している場合は当然退去日までに片づけを済ませなければなりません。しかし体力的にも大変なうえ、気持ちの整理がついていない場合は精神的にも重荷になってきますし、急いで整理を進めた場合、後ほど後悔するケースもございます。

遺品整理業者に依頼するメリット

今度は遺品整理を業者に頼んだ場合のメリット、デメリットをご紹介します。業者に整理を任せると聞くと冷たい感じに聞こえてしまいますが、そんなことはありません。状況によっては業者に頼んだほうがむしろ故人を気持ちよく送れるケースもございます。

①負担を減らせる

遺品整理は自分でする場合は、少なからず労力がかかります。親族の健康状態によっては整理は困難なものです。また故人との関係によっては気持ちが落ち着かず整理を進めることができない方もいらっしゃるかとも思います。業者の場合はこういった労力や精神的な負担を割くことなくスムーズに進めることが可能です。

②短時間で終わらせることができる

遺品整理は、その性質上、時間がかかってしまうケースが多いです。しかし遺族が遠方にいる場合は何度も足を運ぶのが困難でしょう。業者の場合は整理を短時間で終わらせることが可能です。またその際には遺族立ち合いのもとで作業を行ってもらう、あるいは電話での指示で作業を進めることも可能です。

③時間に間に合う

賃貸などの場合は早めに整理をすませ、退去しないと賃貸料がかかります。また持ち家でも売買契約をしている場合、退去日に間に合わせないと違約金が発生する場合がございます。

遺品整理はどうしても時間がかかってしまうものですが、業者であれば短時間で整理を済ませることができ、無理なく退去日に間に合わせることが可能です。

遺品整理業者に依頼するデメリット

①費用がかかる

業者に依頼する場合の最大のデメリットです。行政で依頼した処分方法であればそこまで費用をかけなくてもよいのですが、業者に依頼した場合、作業量にもよりますが

数万~数十万かかる可能性があります。またこの費用は業者によっても違いますので、業者を選ぶ場合は費用をしっかり考慮しないといけません。

②トラブルになる可能性がある

予想外のものがでてきたりして追加費用が発生し見積の費用より高くつく場合がございます。正当な場合は良いのですが、中にはいろいろと注文をつけて想定した金額より高い金額をとろうとする悪徳業者もおり、トラブルにつながるケースもございます。業者に依頼する場合はきちんと行政から許可を得ている業者かを含めて自分で確認する必要があります。

遺品整理を業者に依頼するメリット・デメリットまとめ

自分で整理する場合

・自分で遺品整理をする場合は費用が掛からず、自分のペースで進められる

・自分で整理をする場合はそれなりの労力と時間を割く必要がある

業者に整理を依頼する場合

・業者に依頼した場合は短時間でスムーズに整理を進めることができる

・業者の場合は費用と適切な業者かどうかを判断する必要がある。

遺品整理は、故人との関係によって非常に時間のかかる大変なものです。しかも現在では核家族化に伴い、個人と離れて暮らしてる方も多いことから頻繁に足を運ぶというのも難しくなっており、故人の家の整理は社会問題になっています。そういった背景から生まれた業者による遺品整理サービスです。故人との別れをしっかりとしたもので終わらせるためにも業者のサービスを利用するというのも一つの選択です。不用品回収サービス比較サイトでは遺品整理サービスを扱う業者もございますので、遺品整理でお困りの際はご利用ください。