マットレスを処分する時期と方法

引っ越し,不用品回収

マットレスってずっと使えそうな気もしますが実はマットレスにも寿命があります。そのため、適切な時期に処分しないと寝ていてもあまりが疲れが取れなかったり腰痛の原因になったりしています。そのような状態では快適な睡眠はとれません。ではマットレスを処分する時期はいつ頃がよいのかについて今回ご説明いたします。

マットレスの寿命の時期とは

マットレスは様々な種類のものがございますが、だいたいの寿命は10年と言われています。ただしこれはあくまでも長くても10年という意味合いです。マットレスの種類によっては当然それ以下の寿命になりますし、使用方法によっても大きく異なってきます。例えば、スプリング式のマットレスは5~10年、低反発マットレスは2~5年、高反発マットレスは4~6年ぐらいと言われています。この時期を過ぎると睡眠にも影響を及ぼす可能性があるので、これぐらいの時期を目途にしてマットレスを交換していきましょう。

マットレスを交換すべき時期とは

マットレスは丈夫な為、どのタイミングで交換すべきか?というのはなかなかわかりづらいものです。しかしポイントを押さえておけばマットレスを交換すべきなのか分かります。

マットレスの寿命を見極めるために知っておくべきポイントとはどのようなところでしょうか?

中央部分に凹みがある

人間が寝ている際に一番マットに重くなるのは腰の部分に当たります。そのため寿命が来ている場合はここが凹んでいる可能性があります。その状態で寝ると体が曲がった状態で寝ることになりあまり良い状態で寝れません。スプリングでないマットレスの場合は明らかに体の形がが残っている状態になったら交換時と言えます。寝ても疲れが取れない場合は一度パッド類をとり中央部分がどうなっているか確認いたしましょう。

スプリングの感触がはっきりわかる、あるいは生地を突き破っている

寝ていてスプリングが背中にあたるような感覚があればマットレスがへたってきている証拠です。特にスプリングが生地を破き直接体に当たってしまっているような状態であればスプリングが原因でケガを負う可能性もあります。そうならないようにするために早めに交換いたしましょう。

ベットがきしむようになってきた

ベットを使用している際、ギシギシときしむような音がしていたらスプリンが劣化している証拠です。ただし、きしみの原因はマットレスのスプリングとは限りません。ベットフレームとの間にずれがあるようならそれも音の原因になっている場合があります。マットレスの位置を直し、それでもきしむような音がするならマットレスが原因の可能性が高いので早めに交換しましょう。

カビが生えてきた

これはウレタン式のマットレスに当たることなのですが、カビが生えてきている場合も交換のサインの一つです。そのような状態のときは寝心地も悪くなっていることが多いので交換することをお勧めいたします。

マットレスを処分する方法

先にあげた状態であるならそのマットレスは処分すべき時期が来ているのだと思います。ですが、いざマットレスを処分しようと思ってもどのように処分すべきかわからないという方もいるだろう。マットレスの処分方法は大きく分けて3つあり「行政に処分を依頼する」「リサイクルショップに出す」「不用品回収業者に出す」といった方法があげられます。マットレスは行政の分類上、粗大ゴミとなるところがほとんどです。行政に処分を依頼する場合には事前の予約などが必要なのですが、スプリング式マットレスなどは「適正処理困難物」としている行政が多くゴミ収集所に出せないことが多いです。スプリングの金属を30㎝以下に切れば通常のごみと出すこともできますが、専用の道具が必要でありその処理には相当時間がかかるでしょう。またリサイクルショップに出すという手段もございますが、それはあくまでも使えると判断できる状態に限るため、寿命が来ているマットレスを買い取ってくれる可能性は低いです。

不用品回収業であれば、電話一本ですぐ回収に来てくれるなど対応も早く持ち出しなどもすべて業者が行ってくれます。また大抵の場合どんな種類のベットであっても対応は可能です。ただし業者によって回収費用は変わってくるので、複数の業者に問い合わせ検討する必要があります。

マットレスのまとめ

・マットレスの寿命は長くて10年

・きしんでいる、中央部分がへこんでいる状態であれば交換のサイン

・マットレスを手早く処分する場合は不用品回収業がお勧め

 

人生の3分の1は睡眠時間で占めていると言われています。その睡眠に密接に関係してるマットレスは今後においてとても重要な物であることは間違いありません。もし「最近寝ていても体の疲れが取れない」といったことがあればマットレスを確認してみましょう。もしマットレスが寿命だと思われる時期に来ているようなら良質な睡眠を得るためにも早めに交換いたしましょう。ただし、マットレスの処分は個人では相当な労力がかかるため、不用品回収業者の利用をお勧めいたします。不用品回収サービス比較サイトではマットレスの処分も手早くできる業者をご用意しておりますのでお困りの際はご利用ください。