明日は我が身?『孤独死』の予防策とは!?

孤独死予防策

『孤独死』は非常に悲しい事です。
遺された人も、先立った人も非常に辛い思いをします。

『孤独死』は、どんな人にも起こる可能性があります。
年配の身寄りがいる方も、いない方も、他人事だとは思わずに、『孤独死』の抱える問題を考えてみてください。

そんな『孤独死』の予防対策をご紹介します!

『孤独死』とは?

孤独死(こどくし)とは主に一人暮らしの人が誰にも看取られること無く、当人の住居内などで生活中の突発的な疾病などによって死亡することを指す。特に重篤化しても助けを呼べずに亡くなっている状況を表す。
なお関係する語としては後述する孤立死(こりつし)が公的にも使われるが、ほかにも単に独居者が住居内で亡くなっている状況を指す独居死(どっきょし)のような語も見いだせる。

『孤独死』の割合

死因不明の急性死や事故で亡くなった人の検案、解剖を行っている東京都監察医務院が公表しているデータには、東京23区内における一人暮らしで65歳以上の人の自宅での死亡者数は、平成27(2015)年に3,127人となっています。

平成28(2016)年中における65歳以上の高齢者の交通事故死者数は、2,247人ということからも、『孤独死』の多さが分かります。

孤独な死は『孤独死』とは呼ばれない

病院などで身寄りもなく亡くなる高齢者もいるが、これは『孤独な死』には違いないが孤独死とは呼ばれません。

身寄りなどは関係なく、1人でいる時に突発的に死を迎えた場合に、孤独死となります。
若い1人暮らしであっても、お風呂場での転倒などで意識をなくし、そのまま孤独死に至ることもあります。

『孤独死』の予防対策

止むを得ず一人暮らしをする事もあると思いますので、是非参考にしてみてください。

・携帯電話による予防
→これらの機器は常に持ち歩くものである上に操作性向上のため登録済みの電話番号に簡単な操作で通話できることが幸いし、意識がはっきりせず動けなくなっていてもどうにか知り合いに電話できたりするケースが多い。

・ペンダント型の無線機による予防
→ペンダント型の無線送信器を常に携帯、異常時にはボタンを押すことで警備会社に通報されるホームセキュリティサービスを提供する企業もあり、経済的に余裕のある家庭ではこれらを利用する所も見られる。これらの通報装置では誤操作・誤報を防ぐ機構と意識混濁状態でも大丈夫な操作性という相反する要素を持つため、人間工学的に構造や操作性が配慮されたものが利用されている。

・目覚まし時計による予防
→目覚まし時計を押すと、別の者へ通知が行くように設定し、毎日押しているかの確認が取れる。毎朝の確認ができるが、通知が来ていない事に気付くのが、少し遅れてしまう。

・飲酒に絡む予防
→アルコール依存の予防に関しては飲み方も関係するとされ、孤独感の解消を図り悪酒防止することも依存症改善に効果があると考えられている。悪酒による疾病が予防できれば、結果的に孤独死防止にもつながる。

『孤独死』に絡むトラブル

孤独死に絡んで居住していたマンションやアパートで孤独死を遂げた人の遺族に対し、家主や不動産会社などが補償金などの名目で法外な請求を行うケースが多数報告されている。遺族にとっては身内を失ったショックに、さらに追い討ちをかけるものと言える。

まとめ

孤独死は決して人ごとではなく、身内にも、自分自身にも急に起こりうります。
全て防げるとは限りませんが、適切な予防をして、今後の生活に活かしていただければと思います。

出典元:引用 – Wikipedia