事故物件の特殊清掃とは?一般的な清掃との違いは?

事故物件の特殊清掃とは?一般的な清掃との違いは?

賃貸情報などで、時々目にする「事故物件」の文字。

事件や事故、孤独死などで「死人が出た物件」として扱われる物件のことです。

この事故物件と切っても切り離せない仕事が「特殊清掃」です。

特殊清掃と一般的な清掃、どこに違いがあるのでしょうか?

事故物件と特殊清掃の関係、そして一般的な清掃の違いについてご説明しましょう。

事故物件とはどのようなものなのか?

事故物件とは、事件、事故、自殺、孤独死など、自宅で死人が出た物件を指します。

一軒家でもアパートでも、このようなことがあった物件は嫌悪感を抱かれるため「心理的瑕疵(しんりてきかし)物件」として扱われ、貸主に告知義務が生じます。

しかし、貸主としては、物件のイメージが下がるので告知したくないのが本音です。

そのため、仲介不動産業などは「事故物件」や「心理的瑕疵物件」とは記載せずに、「告知事項あり」とひっそりと記しています。

事故物件を貸し出す側は、少しでも借り手をつけようと、家賃の値下げや、全面リフォームするなど工夫を凝らしますが、貸すことを諦めて募集をストップするケースもあります。

このように事故物件は、貸主にとって長く苦しいデメリット生み出してしまうのです。

一般的な清掃ではダメ?特殊清掃とはどのようなものか?

事件や事故、自殺や孤独死などで自宅に死人が出た場合、まず警察による現場検証が行われます。

そして、遺体が運び出された後にする清掃が「特殊清掃」です。

賃貸物件の場合、すぐさま部屋を原状復帰させる必要があります。

どんな状況であれ「死者の痕跡」は、一般的な清掃では原状復帰はできません。

一般的な清掃は、部屋の埃やちり、水あかなどをきれいにし、経年劣化した壁紙や設備を取り換えるといった、新たな入居者を迎えるための清掃をします。

特殊清掃は一般的な清掃とは全く異なり、除去の対象物は「死臭」となります。

特殊清掃を要する物件は、まず「きれいな死に方」をしているケースは少なく、死体から出た血液、体液などに加え、強烈な死臭を発した状態で発見されます。

死体が運び出されても、血液や体液のしみ、死臭はその場に残り続けます。

特に死臭は「一度嗅いだら二度と嗅ぎたくない」と言われるレベルの臭いなので、徹底的に除去する必要があります。

このように「特殊清掃」では、個人の掃除スキルでは落とせない汚れと臭いを、原状復帰させることを目的とした清掃、ということになります。

特殊清掃ではどのようなことができるのか?

死体の臭いである「死臭」は、死体の発見状態によってさまざまです。

屋内で人が死ぬと、夏場では2~3日、冬場なら1週間で腐敗が始まります。

発見が遅れれば遅れるほど、死臭は部屋に充満し、家財道具にまで浸透してしまいます。

特殊清掃で行うのは、徹底した死臭の除去です。

業務用の噴霧器を使って、死体発見周辺の除菌と消臭、繰り返し行います。

それでも取れない臭いの元は、高濃度オゾンなどを使って除去します。

高濃度オゾンは、人体に影響を及ぼすほどなので、プロのテクニックが必要となります。

他にも、死体付近で発生した害虫の駆除、床に染み付いた体液、血液の除去などがあります。

特に、床に血痕や体液が染み付いてしまっている場合は、そこが新たな臭いの元となってしまいます。

そのため、どうしても臭いが取れないようなら、床や壁ごとのリフォームが必要となります。

また、死体の身の回りにある「遺品整理」も、特殊清掃での仕事になります。

特殊清掃業者によって、遺品整理の方法は異なります。

家財道具や身の回りの品に死臭がこびりついて取れなくなった場合、それらをまとめて遺品整理という形で処分することが多いです。

特殊清掃では、死体の状況によって作業内容が代わってくるため、発見が遅れるケースや、遺品が多いケースだと、それだけ料金がかかることになります。

リフォーム代が別途請求になることもあるので、特殊清掃業者に依頼する場合は、見積もりや実績をよく確認しましょう。

特殊清掃と一般的な清掃の違いまとめ

「特殊清掃」と「一般的な清掃」の大きな違いは、「臭いを取るための清掃」か「人が普通の暮らしをしている場所の清掃」かです。

一般の清掃の場合は、家でも、オフィスでも、駅でも、商用施設でも、作業工程はそれほど複雑ではありません。

しかし、特殊清掃の場合は事情が違います。

ひとくちに死臭と言っても、死因や、年齢、性別、その人の生活習慣によって、人それぞれです。

さらに気温や湿度、発見までの日数が関係してくるので、実際に現場に行ってみるまでは、どれくらいの時間を要するのか全く予測できないのが特殊清掃の特徴です。

そして特殊清掃では、作業前にお線香を手向けて、故人の冥福を祈ります。

ここが、一般的な清掃と特殊清掃の一番の違いといえるでしょう。

特殊清掃業者へ依頼するなら不用品回収ラボへお問合せを

特殊清掃業者へ、依頼する時、遺族や家主は気が動転し、正常な判断ができていないケースがあります。

電話連絡だけで受け付けてくれる業者や、見積もりなしで依頼を受けてしまう業者などから、高額な請求をされてしまうトラブルが後を絶ちません。

安心できる特殊清掃業者へ依頼するなら、不用品回収ラボにお任せください。