粗大ごみや不用品回収のトラブル回避!押さえておきたい5つのこと

不用品回収,見積もり,費用,相場

引越しや大掃除、部屋の模様替え、家電や家具の買い替え時などに発生する粗大ごみや不用品。

自治体に引き取ってもらう方法もありますが、都合のいいタイミングで回収してもらいたい場合や自治体よりも安く回収してもらいたい場合は、不用品回収業者や廃品回収業者に依頼した方が便利です。

しかし、不用品回収業者や廃品回収業者にまつわるトラブルが後を絶ちません。

粗大ごみを捨てたい時や不用品を回収したい時、どのような業者を選べば良いでしょうか?

トラブル事例と併せて「押さえておきたい5つのこと」をまとめてみました。

粗大ごみ・不用品回収でよくある追加請求トラブル

粗大ごみや不用品回収トラブルで多く挙げられるのが、「追加請求トラブル」です。

住宅街を軽トラックなどでアナウンスして走行する流しの回収業者に多く、呼び止めて不用品を荷台に積み込んだとたん、有料の回収費用を請求してくるという手口です。

クレームをつけても「この品物に関しては無料ではない」などと言われてしまい、結局支払うパターンとなります。

流しの回収業者の場合は、どのような業者か素性が分からないうえにその場の取引となってしまうため、業者の言い値で押されてしまいがちです。

このようなトラブルに巻き込まれないためには、「流しの業者を利用しない」ことです。

回収時の料金トラブルだけでなく、回収された不用品が悪用される危険性もあります。

手っ取り早いからと言って流しの業者を利用せずに、広告を出している信用できる業者を選ぶようにしてください。

粗大ごみ・不用品回収後に見積もり以上の請求をされる

回収業者に依頼する前には、基本的に「見積もり」を取ります。

しかし、回収後の請求書が見積もり以上だったというトラブルをよく耳にします。

また、トラックに積み込んだ後「想定よりも量が多かった」などを理由に、倍の請求をしてくるケースもあります。

この時、請求が高いからと言ってキャンセルを申し出ても「すでに処分済みです」や「作業は終わっているので応じられない」と押し切られ、泣く泣く見積もり以上の請求分を支払ってしまうことになります。

このようなトラブルを避けるためには、まず料金設定が分かりやすい業者を選ぶことをおすすめします。

例えば、信用のおける業者の場合は家電一つとっても「洗濯機〇〇円」「冷蔵庫〇〇円」というように、料金設定がきちんと可視化されています。

一方、見積もり以上の請求してくる業者は見積もりが不明瞭になっている傾向にあります。

きちんとした料金設定がされていること、見積もりが出たら疑問点を指摘し解決することで、不当な請求のリスクを避けることが可能となります。

無保険業者にご注意!粗大ごみ・不用品回収時の家屋の破壊、家財の破損トラブル

信用できる回収業者は「賠償責任保険」に加入しています。

賠償責任保険は、自社の作業員が回収作業で家電や家具を搬出する際に、柱や窓を破損してしまったり、他の家具にキズをつけたりしてしまった場合に回収業者の方で賠償するためのものです。

しかし、無料回収や格安回収を謳っている業者は、賠償責任保険に加入していないケースが多いことが現状です。
搬出時に物を運び出す際に家屋や家財を破壊・破損されてしまった場合、責任を取ってもらえず泣き寝入りするケースが多々起きています。

万が一のことを考えて、必ず賠償責任保険に加入している回収業者を選ぶようにしてください。

業者が保険に加入しているかどうかは電話口やHPで簡単に確認できます。

身に覚えのない「不法投棄トラブル」を避けよう

「まさかそんなことが」と多くの人が口をそろえて言うトラブルが、「不法投棄トラブル」です。

お金を払って回収してもらったはずの家財が近くの空き地や川、山などに廃棄されていたというケースです。

このトラブルで恐ろしいのが、不法投棄したのが回収業者ではなく、回収を依頼した元の持ち主が罪に問われることがあるからです。

例えば、自転車などは登録があるので身元が特定されやすく、元の持ち主に連絡が行きます。

回収業者が不法投棄したという証拠は残らないので、罪に問われた場合は5年以下の懲役、または一千万円以下の罰金、もしくは併科に課せられてしまいます。

無実を証明するための訴訟も大変な労力を要しますので、「安い」「無料」の回収業者を避けることがベストでしょう。

価格ではなく正規の「資格」と「許可」を持つ粗大ごみ・不用品回収業者を選ぼう

不用品を勝手に運んだり、廃棄したり、処分したりすることはできません。

不用品回収業者を営むためには「一般廃棄物収集運搬許可」と「産業廃棄物収集運搬許可」、それらの買取を実施するために「古物商販売許可」も必要となります。

しかしながら、これらの許可や資格を開業時に持っていなくても開業後に取得します、というスタンスであれば、いつでも開業できてしまうのが不用品回収業者なのです。

そのため、無許可で営業をしている不用品回収業者が横行し、追加請求や不法投棄などのトラブルが多発する原因になっています。

正規の手続きを踏んで開業している不用品回収業者は、無許可営業の回収業者と比べるとパっと見は割高に見えてしまうでしょう。

ただし、許可を取っている不用品回収業者は、しかるべき方法で回収し、しかるべき方法で処分してくれるので、安心して任せることできます。

お願いする不用品回収業者が許可を得ているかどうかは、事前に調査しておきましょう。

安心してお任せできる不用品回収業者を選ぶために不用品回収ラボへご相談を!

後々のトラブルで泣きを見るよりは、あらかじめ安心できる業者を選びたいものです。

でも何を基準にして不用品回収業者を選んだらいいかわからない、優良業者が見極められない、という方は不用品回収ラボへお気軽にご相談ください!