ファミリー引っ越しお引越し~とにかく楽したい!!!~

引越し,ファミリー,楽

始めまして、まずは私の自己紹介をさせていただきます。
私は主人と4歳、2歳の娘と暮らす専業主婦です。そして我が家は転勤族です。

転勤にいつまでついていこうか悩んでいらっしゃる方も多いと思います。
我が家では上の娘が4年生になるまでは主人の転勤についていくことを、先日の家族会議で決めました。女の子の友人関係は年齢が上がるにつれてグループ化が進み、どんどんその輪の中に入りにくくなります。女性の方ならあの独特な雰囲気想像できますよね。
そんな過酷な環境に娘を巻き込ませたくないという私たち両親の思いからこの決定をしました。

話がそれてしまいましたが、本題です。
私の主人の会社では2年に一回は必ず訪れる転勤辞令が下されます。

我が家の転勤命令のタイミングは2月。そして配属は4月1日からなのです。
2月下旬から4月上旬までは繁忙期、中でも3月15日から4月6日までは大繁忙期と言われています。なぜかわかりますか?
そう!子供たちが春休みに入るからです。我が家もこの時期の引越しを希望しています。

本音を言うと、こんなに高くて予約が取りづらい時にお引越しなんてしたくありません!
しかし、お引越ししなければ夫が仕事を失ってしまうので、ただただ心を無にして引越し作業をおります。

お引越しが決まったときには、水道・電気インターネットの解約、接続など各種手続きに加え、子供の幼稚園・保育園選び、転出届などなどやることがありすぎて、一日中引越しのことで頭がいっぱいになってしまいます。

子供が小さいうちのお引越し準備は本当に大変ですよね。
特に未就園児のお子様がいると全く荷造りは進みませんよね。
おもちゃをしまっては出されと繰り返しになってしまいます。

さて、今回は引越しをとにかく楽したい!お金は払うから楽したい!
という方にご紹介したい、引越しをとにかく楽する方法です。

1.こんな方におススメ

おススメしたいのは引越し費用は会社負担(家賃も会社負担割合が多い)の方です。
理由は以下記事をご覧くださいませ。

引っ越し業者によっては引越し楽々パックというプランが設定されているところもあります。この楽々パックとは段ボールへの荷造りから搬出、搬入引越し先に到着してからの、荷解きまで全てを引越し業者が行ってくれるというプランです。

このプランを利用すれば、引っ越し当日は業者の到着まで普段通りに生活できます。
引越し業者がくる時間によっては朝ご飯だけでなく昼ご飯も自宅で作り、のんびり食べることも可能です。
フライパンや鍋はガスコンロの上、もちろん食器は食器棚に入れたままで大丈夫です。
ギリギリまで普段通りの生活をして、専門業者にやってもらう。
重いものを持ち上げて腰を痛めることもありません。さらに、「今使いたいのに段ボールに詰めてしまった!」なんて不自由な生活をすることもありません。

2.こんなに楽なプランですが、デメリットもあります

それは・・・

① 料金が高い

通常の自分で詰めて搬出してもらう「節約パック」と比べ、ファミリー引っ越しの場合最低でもプラス5万円はかかります。引越しで娘の制服買い替えが必要な時期に5万円の出費は大きいので、我が家は諦めました。しかし、会社が引っ越し代金を全額出してくれるのであれば是非使いたいプランです。

② 立会時間が長い

引越しの荷造りの間は立ち合いが必要です。いくらプロであっても家族四人分の食器お洋服日用品を全て段ボールに詰めるには相当な時間がかかります。閑散期であれば、スタッフの人数を増やして対応してくれることもあるようです。しかし、繁忙期となると最低限のスタッフしか来てくれません。荷造りから搬出まで立ち会うと通常の2倍以上かかることも予想されます。
我が家のように小さな子供がいる場合には子供は友人やご実家に預けたほうが安全ですね。

③ プライバシー問題

もちろん、荷造りを任せる=全部の荷物を見られるというわけではありません。ここは自分でやります。開けないでくださいと事前に伝えれば大丈夫です。しかし、戸棚の奥の奥まで段ボールに詰めてもらうので、思わぬものが出てくる可能性もあります。
希望すれば女性スタッフが来てくれることもあります。引越し業界には女性スタッフがすくないので、貴重な存在です。頼んだ場合、プラス料金が発生することもありますので事前に確認することをおススメします。

3.とにかく楽をしたい方への引越し屋業者&引越しプラン

私がおすすめしたい、引越し楽々パックを持つ業者さんを3社に絞りました。

① サカイ引越センター

まずはパンダのマークでおなじみの
サカイ引越センター
荷造りから荷ほどき、新居のお掃除まですべてをおまかせの、
ワンランク上のプレミアムなコースです。
「らくらくAコース」にダスキンのお掃除サービスがプラスされた、
引越しのプロとお掃除のプロが手を組んだ、まさに最上級のサービスです。

全国に支店があり、経験引っ越し件数が豊富なサカイ引越センターさんのプレミアムコースです。こちらはダスキンのお掃除コースまでもがプラスされており、退去時の清掃までもやってくれます。冷蔵庫や洗濯機をどかした後のお掃除から解放されるなんてすばらしいプランですね!

② アート引越センター

文字を見ると思わず歌い出してしまいたくなる
アート引越センター
こちらもCMなどでよく見かける大手引越し屋さんですよね。
期間限定でミニオントラックなど子供が喜ぶトラックになっていたり、成約プレゼントでミニオン加湿器がもらえるなど小さなお子様の心をつかむ企業努力が素晴らしいです。
アート引越センターにもフルコースという荷造り~荷解きまでセットになったプランがあります。

③ アリさんマークの引越社

つづいて赤井英和さんが大きくなるCMでおなじみの
アリさんマークの引越社」のありサンフルパック!
こちらも大手なので安心ですね。アリさんマークの引越社は営業スタッフと現場スタッフがわかれていません。
見積もり営業出来てくれたスタッフは、現場作業も日常的に行っています。
そのため見積もり時には当日引越しにかかる時間などを質問するととても正確に答えてくれます。

④ ハトのマークの引越しセンター

そして最後は「ハトのマークの引越しセンター」です。
ハトのマークの引越しセンターも全国に支店があるので、長距離引越しも得意です。
こちらも荷造りから荷解きまで全てお任せできるプランがあります。

どの引越し屋さんも良い点があれば悪い点もあります。
引越し経験10回の私は営業さんの雰囲気=引越し屋さん全体の雰囲気と言っていいと思います。きっちりとした営業さんの会社からはやはり、はきはきとしたスタッフがきてくれました。他にも細かく説明してくれる営業さんがいる会社からは、キズなどをきちんと確認してくれる現場担当の方がいらっしゃいました。

営業さんとの相性で引越し業者を決めてもいいかもしれませんね。

以上引越し屋さんに全てお任せするという方法をご紹介しました。
お金はかかってもいいからとにかく楽したい!という方は各社引越し業者が用意している引越しらくらくプランを使ってみてはいかがでしょうか。