江戸川区の粗大ゴミの持ち込み・収集・出し方について

江戸川区の粗大ゴミ・不用品の回収方法はどのようになっているでしょうか?まずは粗大ゴミの定義から回収の流れ、ゴミとして出せないもの、手数料の減額や免除の方法などを順に説明していこうと思います。

江戸川区の粗大ゴミの定義

江戸川区では、粗大ゴミの定義は「家具・家電(家電リサイクル法やパソコンリサイクルの対象品は除く)、寝具、ストーブ自転車など、1辺の長さが30cm以上あるもの」となっています。

江戸川区の粗大ゴミを出すまでの流れ

1、事前の申し込みが必要です。

申し込みは、電話、またはインターネットで受け付けています。

・インターネット http://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Main/13123/0 24時間受付 年末年始除く(スマートフォンからも可)

※インターネットよる申込みをされた場合は、内容を確認するメールに必ず24時間以内に返信をしてください。返信がない場合、申込みは取り消されます。

・電話:03-5296-7000 受付時間:月曜日~土曜日、8時~19時 年末年始除く

2、申し込みの際は「持ち込み」か「収集」を選びます。

申込み時、「持ち込み」か「収集」のどちらかを希望して手数料(粗大ゴミの種類と枚数)を確認してください。

・持ち込みの場合 → 持ち込み指定日を確認してください。

・収集の場合 → 収集日を確認してください。

3、江戸川区有料粗大ゴミ処理券を張ります。

持込指定日・収集日までに「江戸川区有料粗大ゴミ処理券」(シール)※1を粗大ゴミの手数料分※2の枚数だけ購入し、記名をした上で見える位置に張ってください。尚、処理券の購入はお近くの粗大ゴミ処理券取扱所(スーパーやコンビニなど)で行えます。

※1 江戸川区有料粗大ゴミ処理券はA券(200円)・B券(300円)があります。例えばシングルベッドの場合は、手数料に1台1000円かかるので、A券(200円)×2枚、B券(300円)×2枚を購入しベッドに張る形になります。

※2 持ち込みの場合、手数料は安くなります。例:シングルベッド 収集 1000円 → 持込 700円

4、持ち込み指定日、収集日に粗大ゴミ・不用品を出します。

・収集の場合 → 午前8時までに自宅の玄関先に出しましょう。集合住宅の場合はゴミ置き場など決められた場所に出します。

・持ち込みの場合 → 本人確認できるもの(免許証など)を持参の上、持ち込み指定日に指定された処分場に粗大ゴミや不用品を持っていきます。なお持ち込みは1世帯につき1日10個まで、年度内3回までとなっています。

江戸川区の粗大ゴミ処理施設

・北部粗大ゴミ処理施設(江戸川区篠崎町2丁目62番17号)

・南部粗大ゴミ処理施設(江戸川区西葛西1丁目10番16号)

上記とも年末年始を除いて年中無休、午前9時から午後3時30分まで持ち込み可

粗大ゴミとして出せないもの

電リサイクル法の対象となるもの

エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などの家電は江戸川区では家電リサイクル法の対象となるので回収できません。購入したお店で引き取ってもらうか、買い換えの場合は買い換える店に引き取ってもらってください。それらが難しい場合は家電リサイクル受付センター(03-5296-7200)にお申込みください。

パソコンリサイクル法の対象になるもの

パソコン本体やモニターなどはパソコンリサイクル法の対象となるため回収できません。メーカーまたは一般社団法人パソコン3R推進協会電話(03-5282-7685)へお問い合わせください。

適正処理困難物とみなされるもの

自動車(バッテリー、マフラー等の部品も含む)、オートバイ(バッテリー等の部品も含む)、自動車タイヤ、ピアノ、耐火用金庫、消火器、コンクリートブロック、ガスボンベ類などは適正処理困難物とされるので回収できません。購入した販売店に相談するか、管轄の清掃事務所にご相談ください。

収集運搬が困難なもの

干し竿、サーフボード、ウッドカーペットなど、長さが1m80cmを超えるもの収集運搬が困難な物として回収できません。太さが概ね30センチメートルを超えるもの(木の幹等)も同様です。回収を希望する場合は切断するなどそれ以下のサイズにしてお申し込みください。

粗大ゴミの手数料の減額や免除

・火災等の災害を受けた方

・生活保護受給者

・児童扶養手当受給者

・特別児童扶養手当受給者

・老齢福祉年金受給者

・中国残留邦人等支援給付の支給を受けている者

上記の方々は粗大ごみの手数料が減額または免除されるケースがあります。但しインターネットでの受付の場合は減額等は出来ませんので電話にてお問い合わせください。

粗大ゴミを外まで運び出すことが困難な方

粗大ゴミの回収を依頼する場合は自分で玄関先などに出すのが原則です。ですが高齢者や障がい者など粗大ゴミを屋外へ運ぶのが難しい方は運び出し運搬サービスを行っています。

・65歳以上でお体の不自由な方

・障がい者の方

上記の方々で構成する世帯の場合はこのサービスが使用できます。しかし電話でしかこのサービスは受け付けておらず、条件もあるため必ず行政に確認を取ってください。

まとめ

・江戸川区ではゴミに対しての定義がある。

・回収は事前予約が必要である。

・回収日に決められた場所に持っていく。

・粗大ゴミとしては出せないものがある。

・条件を満たせば手数料の減額や免除がある。

行政に日中に連絡が困難だったり、日取りの都合が合わない方、区では引き取ってもらえないものなどは廃品回収専門業者にお願いすることも出来ます。その場合はいくら掛かるのか不用品回収ラボで一度お見積りを取ってみてはいかがでしょうか。