千代田区の粗大ゴミの持ち込み・収集・出し方について

大掃除・引っ越しで出る粗大ゴミの処分方法は各行政によって違います。なのでいざ出そうとしたら一度各行政に確認する必要があります。今回は千代田区の粗大ゴミの出し方をご紹介致します。

 千代田区の粗大ゴミの定義

千代田区では粗大ゴミのことを「家庭で不用となった家具・寝具など、おおむね30センチメートル以上のもので長さ1.8メートル以下のもの」としています。具体的には電気・ガス・石油器具といったものからスポーツなどの趣味用品、家具寝具などです。

 千代田区で粗大ゴミを出すまでの流れ

 1、事前申し込みをする

千代田区で粗大ゴミを出す場合には必ず事前の申し込みが必要です。申し込みは電話またはインターネットにて受け付けています。但しすぐに回収できるわけではないので日程に余裕をもって申し込みましょう。

※千代田区では一般家庭の粗大ゴミの持ち込みは受け付けていません。必ず千代田区粗大ゴミ受付センターへお申し込みください。

 電話の場合

電話の場合は粗大ごみ受付センターに連絡をして回収を依頼してください。

粗大ごみ受付センター 電話 03-5296-7000 月~土 午前8時~午後7時(年末年始を除く)

※月曜日の午前中は電話が混み合い繋がらない可能性があるので月曜日の午後かそれ以外の曜日に電話をしてみましょう。

インターネットの場合

インターネットの場合は粗大ごみ受付センターのサイトにて回収を依頼してください。サイトでメールアドレスを登録後、受付センター(webmaster@tokyokankyo.or.jp)からメールが来ますので、そこから24時間以内に申し込み手続きを行ってください。

粗大ごみ受付センター http://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Main/13101/0/0/0 24時間受付(年末年始除く、スマートフォンからも可)

※インターネットによる受付の場合は1回につき10個までです。11個以上の場合は電話にてお申し込みください。

2、千代田区の有料粗大ごみ処理券を購入する

申し込み後、ゴミの種類ごとに手数料の案内があります。その指示に従って千代田区の有料粗大ごみ処理券(シール)を購入してください。

有料粗大ごみ処理券の購入方法

千代田区内の有料粗大ごみ処理券取扱所の表示があるコンビニエンスストア(一部除く)やスーパーなどで購入できます。

有料粗大ごみ処理券の種類

A券(200円)とB券(300円)の2種類があります。出す粗大ゴミ1点ごとに指定された料金分の枚数を購入してください。

有料粗大ごみ処理券の貼り方

有料粗大ごみ処理券に名前と受付番号※1と収集予定日を記入し、出すゴミ1点ごとに必要な料金分の枚数を見える位置に貼ってください。なお集合住宅の場合は部屋番号も名前の欄に記入してください。

※1 受付番号は申し込み時に案内される4桁の番号です。

3、収集日当日に粗大ゴミを出す

粗大ゴミを出す日時

予約をした当日の午前8時までに粗大ゴミを出してください。

粗大ゴミを出す場所

・自宅の場合 … 玄関先や敷地の入り口前など分かりやすい場所に出してください。

・集合住宅の場合 … 粗大ゴミ置き場の指定があればそちらへ、特に指定がない場合は1階の共有玄関前の敷地など分かりやすい場所に出してください。その際は近隣住民の方に迷惑が掛からないようにしましょう。

※粗大ゴミの自宅内からの持ち出しや解体作業は受け付けていないのでご注意ください。

粗大ゴミとして出せないもの

家電リサイクル法の対象となるもの

エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などの家電は千代田区では家電リサイクル法の対象となるので回収できません。購入したお店で引き取ってもらうか、買い換えの場合は買い換える店に引き取ってもらってください。それらが難しい場合は家電リサイクル受付センター(03-5296-7200)にお申込みください。

パソコンリサイクル法の対象になるもの

パソコン本体やモニターなどはパソコンリサイクル法の対象となるため回収できません。メーカーまたは一般社団法人パソコン3R推進協会電話(03-5282-7685)へお問い合わせください。

適正処理困難物とみなされるもの

自動車(バッテリー、マフラー等の部品も含む)、オートバイ(バッテリー等の部品も含む)、自動車タイヤ、ピアノ、耐火用金庫、消火器、コンクリートブロック、ガスボンベ類などは適正処理困難物とされるので回収できません。購入した販売店に相談するか、管轄の清掃事務所にご相談ください。

収集運搬が困難なもの

物干し竿やウッドカーペット等の長さが概ね180cmを超えるものや木の幹など太さが概ね30cmを超えるものは回収できません。回収を希望する場合はそれ以下のサイズに切断してください。また2人で作業しても上げ下ろしが出来ない重さや太さのあるものは回収できません。

粗大ゴミの手数料の減額や免除の対象

・暴風・豪雨・地震等の天災を受けた方

・生活保護受給者の方

・火災等の災害を受けた方

・児童扶養手当受給者の方

・特別児童扶養手当受給者の方

・遺族基礎年金(旧母子、準母子福祉年金)受給者の方

・老齢福祉年金受給者の方

・中国残留邦人等支援給付受給者の方

上記の方々は粗大ゴミの手数料が減額または免除されるケースがあります。但しインターネットでの受付の場合は減額等が出来ませんので電話にてお問い合わせください。

粗大ゴミを外まで運び出すことが困難な方

粗大ゴミの回収を依頼する場合は自分で玄関先などに出すのが原則ですが、高齢者や障がい者など粗大ゴミを屋外へ運ぶのが難しい方は運び出し運搬サービスを行っています。

・65歳以上でお体の不自由な方

・障がい者の方

上記の方々で構成する世帯の場合はこのサービスが使用できます。しかし電話でしかこのサービスは受け付けておらず、条件もあるため必ず行政に確認を取ってください。

まとめ

・千代田区では一般家庭での粗大ゴミは回収のみ行っており、持ち込みは行っていない

・回収には事前の申し込みが必要になる

・回収日には自分で指定の場所に出す必要がある

・粗大ゴミとして出せないもの(家電やパソコンなど)がある

・手数料の免除や減額を受けられる場合がある

千代田区の場合は一般家庭の粗大ゴミは回収しか行っていません。なのでスケジュールに余裕がない、受付時間内での連絡が難しいなどの場合は不用品回収行業者に依頼するのも一つの手です。不用品回収ラボで見積もりをして検討してみましょう。